HARD ROCK CAFE JAPAN - ハードロックカフェ公式サイト

EVENT & CAMPAIGN

オフィシャルオンラインショップ限定「2020-2021 福袋」

2020年12月18日(金)販売開始

オフィシャルオンラインショップで販売する「2020-2021 福袋」は全3種。通常、浅草店・京都店でのみ販売、実店舗でしか手に入らない日本製「Made in Japan」商品をセットにした魅力的な「Made in Japan福袋」(2種)と、ピンバッチコレクションを始めるのに最適な「ピンバッジ福袋」を用意しました。また、実店舗では人気商品がたくさん詰まった大変お得な福袋を販売中。詳細は各店舗へお問い合わせください。

ご購入はコチラ
https://hrcjapan.official.ec/


販売アイテム

Made in Japan福袋

8,000円(税別)
“永楽屋細辻伊兵衛商店”手ぬぐい/漆豆皿/風呂敷/Maiko Mai Pin(非売品)

Made in Japan福袋

3,000円(税別)
梨園染 手ぬぐい 鳥獣戯画/波佐見焼豆皿/Maiko Mai Pin(非売品)

ピンバッジ 福袋

3,000円(税別)
日本各地の様々なピンバッジ8点/コレクション用ランヤード

※「ピンバッジ福袋」の画像はイメージです。

※「Maiko Mai Pin」は中国製となります。
※福袋に入っている商品の色・柄はお選び出来ません。
※発送は、2020年12月下旬を予定しております。



「Made in Japan」 ハードロックカフェ オリジナルアイテム

手ぬぐい Tenugui

今なお手仕事で染められる『永楽屋細辻伊兵衛商店』の手ぬぐい。京の行事や二十四節季に沿った季節感あふれる色柄に、ハードロックカフェらしさを加えたここだけの限定デザインです。
制作:『永楽屋細辻伊兵衛商店』

創業以前、織田信長公の御用商人として活躍し『永楽屋』の屋号と細辻の姓を拝領。その後、江戸時代初期の元和元年(1615年)に綿布商として創業。現在では手ぬぐいや風呂敷などを始めとした日本最古の綿布商として、京都にて十四代、400年に渡って商いを続けています。

漆豆皿 Petit-Lacquer Ware

木目の見える「目はじき」という漆塗り仕上げがされた、木の温かさや柔らかさを感じられる小さなお皿。江戸時代から漆商であった『井助』がこだわった新しい漆の和の色合いに、国宝「鳥獣戯画」のロックバンド柄をモチーフにした絵柄を付けました。
制作:『株式会社井助商店』

約180年前の文政年間に京都にて漆そのものを扱う漆商として創業。その後、漆以外の塗料なども扱う他、現在では漆器の企画・販売も手掛け、いわば「うるし・漆器のエキスパート」として活動しています。

風呂敷 Furoshiki

ギターやレコードの絵柄を京友禅で染め上げたハードロックカフェ・オリジナル風呂敷。ポップな音楽モチーフは包んでも広げても美しく見えるよう仕上げました。
制作:『株式会社 岡重』

1855年(安政2年)京都・室町に染工場として創立以来164年。時代背景に似合ったテキスタイル・物つくりを進めています。

手ぬぐい Tenugui

日本の日本の国宝「鳥獣戯画」のロックバンド柄はハードロックカフェのオリジナルデザインです。(伝統工芸に指定された「注染」 という染色方法で製作しています。)

豆皿 波佐見焼 Petit-Plates Hasami Ware

波佐見焼は400年の歴史を持つ長崎県東彼杵群波佐見町付近で産する陶磁器です。一般的な波佐見焼は白磁と藍のコントラストが美しい染付・青磁作品が主流です。国宝「鳥獣戯画」のロックバンド柄のスペシャルアイテムです。